読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

服の断捨離①

断捨離

車道を覆う雪が溶けて露出したアスファルトが日差しで乾き
少しずつ冬の色が減っていく季節になりました。

かと言って、まだまだ雪の多い冬の札幌では派手に服を手放すのが怖いのでビビりながらいきます。


本日捨てるのはこちらです


f:id:devil-mm:20170308121949j:plain
THE・黒シャツ


白シャツ愛用者が多いミニマリストの中であえての黒シャツ
バーテンダーさんみたいでちょっとかっこいい黒シャツ
弟に「殺し屋みたい」なんて言われてしまった黒シャツ

同じものを2着所有していました。


断捨離するにあたり、なぜ捨てるのか
「取っておいた理由」「捨てる理由」について考えたいと思います。



 捨てる理由

①去年まで勤めていた職場(ブラック企業)での作業着に毎日使用していた服で、見るたびに嫌な記憶がよみがえる

②静電気がおこりやすく、埃や糸くずの付く量が半端じゃない

 取っておいた理由

①これを捨ててしまうと1年中着用できるトップスが1着になってしまう

②「似合う」と言われることが多かった


 「捨てる理由」について

①に関して言えば「何で今まで取っておいたの?」と不思議なほど。
私自身、記憶力が良い事もあり(1歳頃の記憶が割と鮮明に残っている)物をみるとその物に関するありとあらゆる感情や記憶がよみがえります。

→出産後帰宅し、辟易とするような原因をひとつでも減らしたおきたい

②本当に、半端じゃありません
着用前コロコロ→着用後コロコロ→数時間おきにコロコロ→洗濯機へ入れる前にコロコロ→洗濯乾燥後コロコロ→仕舞う前にコロコロ(繰り返し)
といった具合で、本当に何度コロコロをしても埃と仲良しです。

→お手入れも頑張れるお気に入りの服ならまだしも嫌な職場の作業着に買った服、お気に入りなわけがない

 「取っておいた理由」について

①これ以外に持っているのは、白シャツ一枚です。
服に全く興味が無いせいか、新しい服を買いに行くのが面倒でとりあえず着ていました。

→捨ててからでも買いに行けるし、代わりに着る服が無いわけではないので

②服に興味が無いがゆえに自他共に認めるファッションセンスのなさ(ダサい)、興味が無いのでどうとも思わない
そんな私でも「似合うね」「いいね」なんて言われるとやっぱりちょっと嬉しかったの

→ほめられるのは嬉しかったけれど「捨てる理由①」の嫌な記憶には勝てなかった



以上の理由から、こちらの服は今回捨てることに


物、特に布類は、その場の空気や記憶を吸い取るような気がしてなりません。
物が吸い取った空気や記憶はその物が持つエネルギーに替わり所有する人の気力、体力を奪います。

気に入っているもの、ただの日用品、消耗品、収集日に出すゴミ、こういった物すべてに微弱ながらエネルギーを使っていると考えると、少しでも身軽になりたいものです。

出産入院準備の見直しをしました。

出産

出産予定日を1週間後に控え、出産入院準備の見直しをしました。


 

今回、主人の立ち会い出産は特に希望しておらず、地下鉄で約1時間の場所に住む実母に陣痛時のサポートや立ち会いを頼んでおり、病院へは1人で行く予定です。

そのため荷物を「陣痛用」と「入院・退院用」の2つに分け、「痛い!重い!荷物持てない!」なんて緊急時は最低限の道具が入った陣痛用荷物のみ持ち、入院・退院用の荷物は後から主人に持ってきてもらえるようにしました。

また、「陣痛用にテニスボースやゴルフボール」という話をよく聞きますが、私は用意していません。


 f:id:devil-mm:20170303152251j:plain

左が陣痛用、右が入院・退院用



以下、中身を紹介します。

☆マークの付いた物は病院から指定されたものになります。



 f:id:devil-mm:20170303152217j:plain


~陣痛用荷物~

喘息用吸入薬・吸入器一式

ペットボトルキャップ

☆飲み物

☆ゼリー飲料

カイロ

汗拭きシート

さらし



 f:id:devil-mm:20170303152412j:plain


~入院・退院用荷物~

退院服

☆赤ちゃんのお尻ふき

☆ティッシュペーパー

除菌シート

フック付きボックス

S字フック

☆洗面・シャワー道具

マスク

母乳パッド(試供品)

☆食事用品(コップ・箸・スプーン等)

ゴミ袋

 f:id:devil-mm:20170303152503j:plain

☆赤ちゃん退院服

☆ガーゼハンカチ


 

写真にはありませんが、この他に☆産褥ショーツと授乳ブラが入っています。

また、

☆健康保険証・印鑑

☆診察券

母子健康手帳

☆入院時書類一式

はいつも使っているリュックへ入れ、常に持ち歩くようにしています。

 

ちなみに陣痛用に買っておいた軽食と飲み物は誘惑に負け半分消費してしまいました。すぐに買い足します。もうしません。

 


改めて見てみると、「さらし…必要か?」と頭を悩ませたり「やっべ、スリッパ入れ忘れてた」なんて発見がありました。


臨月に入るまでに済ませておきたい入院準備、出産兆候があり先週焦ってやった入院準備、すでによくわからない入院準備

 

産後にできれば、入院準備の反省会をしたいと思っています。

はじめまして。

はじめまして。うみがめと申します。

20代前半

北海道在住

主人とハリネズミ、ネコの2人と2匹暮らし

もうじき女児を出産予定です。

 

 

物で溢れる実家に育ち、8畳を姉と分けた部屋はまさしく汚部屋でした。

4畳のスペースには、大きな収納棚、長机、本棚×2、洋服ダンス、カラーボックスが壁を覆うように並べられ

収納に入りきらず溢れた物は床に散乱し足の踏み場はありません。

3分の2に折り、家具の隙間を埋めるように敷かれた布団は湿気や埃にまみれ、その下では虫さんが暖かい家庭を築いていました。

今考えると「よくそんな所で過ごせるね(絶句)」ですが、当時は「部屋が狭いから汚く見えるだけ」と極めて楽観的

そもそも実家全体が物に溢れていたため、自分の持ち物は少ないとさえ思っていました。

 

就職し、始めた一人暮らし

1Kの新居には実家で使っていた家具や新しく購入した家具、大量のダンボールが運び込まれ、ズボラな性格の私では管理しきれない物がすぐに散乱し始めました。

物に溢れた小さな家、実家の部屋よりは広い家

物の密度が薄くなったことで、自分の家はきれいだと勘違いをしていました。

 

が、ある日物が散乱する部屋をみて気づきます。

「汚い、掃除をしてもきれいなのは一瞬、どうしたらきれいに保てるんだろう?」

解決策を調べる中で知った「シンプルライフ

それを実践するために始めた「断捨離」

断捨離が進み、憧れるようになった「ミニマリスト

ミニマリストを目指しさらに物を手放し始めた時に決まった。

「几帳面なマキシマリスト」主人との「結婚」

そしてはじまる「出産」「育児」

 

 

シンプルライフミニマリスト、断捨離、育児など雑多にやっていければと思っております。

 

どうぞ宜しくお願いします。