読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

出産レポ① 予兆

私事ですが、3月16日
予定日から6日遅れ

妊娠40w6d
身長48.0cm
体重2798gの女児を出産しました。


幼い頃から腰がしっかりした「安産体型」と言われて育った事や、実母が3度の出産全てスピード安産だった事から
「私は安産体型だから大丈夫」という根拠の無い自信に満ち溢れ「お産なんて楽勝~」と、出産に対する不安など皆無!
痛みに強い自信もあり、陣痛の痛みに泣き叫んだり失神する人がいると聞いて「どれだけ痛いのか、お手並み拝見じゃぁ!!」と息巻きながら、陣痛が来るのを心待ちにしていました。


当初思い描いていた出産のイメージは、
陣痛をひとり静かに耐える→静かに耐えすぎてもう産まれそうになっていた!→助産師さんびっくり!慌てて分娩準備→スポーン!オギャァ→助産師さんや先生に「落ち着いていた。すごい!」と褒められる

恥ずかしいのですが、本当に褒められる気満々でした。


結果

世のお母様方ごめんなさい!
お産舐めてましたーっ!!

としか言えない散々な結果に、
えぇ、難産でしたとも

前駆陣痛、本陣痛で2日間徹夜の末に病院へ→子宮口4cmで入院したものの
寝不足と疲労により微弱陣痛に、分娩開始から12時間、病院到着から28時間後に出産、娘はNICUに…


思っていたのとだいぶ違った出産になりました。
そんな、人生に何度も無い出産の様子を折角なのでまとめます。

妊娠中の症状メモを、多少整えるだけの予定の為
まとまりの無い文章であることを先にお詫びします。


――――――――――


臨月初期からむくみ
足の甲や足裏までぱんぱん、ゴム手袋に水を入れた様な見た目に
指先にむくみによる痺れを感じる
これが、出産から産後2週間までずっと続いた。

 2月27日(38w3d) 検診
病院まで10km歩く
むくみがひどく看護師さんに「つらいねぇ」と足を揉まれる
NST、開始後すぐ様子を見に来られる「赤ちゃん、かなり激しく動いてる?」私が動いたと思われる程の胎動
「はい」
すげー動く、終わって波形を見た看護師さんが
「今痛くない?張ってるんだけど、張ってる感じわかる?」
「胎動なんだか、張ってるんだかわからないです」
「これ、今かちかちでしょ、張ってるの」
「中から蹴られてるだけかと思ってました」
今まで胎動だと思っていたものは、張りだったらしい
「結構定期的にきてるね、6分~7分間隔
これに痛みがつけば陣痛だよ」
ほえー、そうなのか

エコー後に内診
噂の内診ぐりぐりはされない、が、子宮口を見るために器具を入れるのが凄く痛い
ぐいぐい入れられる、痛い!なに?!雑!
デリケートな所を雑に扱われた気持ちになってイラッとする。
おまけに子宮口はがっちり閉じているらしい。「10kmも歩いて来たのに!」とガッカリ

帰りはJR→家まで徒歩45分
行きの無理がたたり、腰と股関節に激痛!半泣きでびっこをひきながら帰宅
妊娠後期は常に不眠だったがこの日は久々にぐっすり眠れた。

 2月28日(38w4d)
朝トイレでトイレットペーパーに風邪の終わりかけの時の鼻水の様な黄色いスライム状の塊が!大匙1杯くらいかな?
調べると「粘液栓」なるものに特徴が当てはまる
「お産が近い証拠」という記述を見て心が踊る

この粘液栓が、私にとって一番最初の兆候でした。

粘液栓の出た夜、初めて痛みを伴うお腹の張りが
といっても、なんとなく腰が重い生理痛程度の痛み
「このまま陣痛きたらヤバイ!」
と、焦って手付かずだった入院準備。が、準備中に痛みが消える。

 3月1日(38w5d)
昼起床、近所のドラッグストアやスーパーをブラブラ2時間半。途中、前日の様な前駆陣痛を感じる。
帰宅後夕飯を作ってる時がピークで、身体をくの字に曲げて堪えながら夕飯を作る
この時、水の様なおりものがタラタラと流れ一瞬「破水?」と疑うもそれ以降は出ない、色や臭いも問題なし(無色、無臭)
シャワーに入るとすぐに前駆陣痛は治まった。

 3月2日(38w6d)
凄い眠気。1日を寝て過ごす

 3月3日(39w0d)
粘液栓少し
水の様なおりものが大量

陣痛アプリの練習がてら、張りの間隔を測ってみる
痛みがない上に胎動もあるので分かりにくい
息苦しさが来たときに会わせて測ってみる
大体6.7分間隔、2分くらい続く

 3月4日(39w1d)
水の様なおりものが大量

 3月5日(39w2d)
粘液栓少し
水の様なおりものが大量

久々に風呂を入れる
湯に浸かった後、いつも以上に張りが強くなり
布団に入ってもずっと張ってつらかった。

 3月6日(39w3d) 検診
病院まで10km歩く。
NST、胎動と同時に定期的な張りもあるが前回程ではない、弱いし不定期

エコー無し、内診
「子宮口、2cm開いて無いくらい」
粘液栓出てるし、水の様なおりものも結構出てるからもっと開いてくれていると思っていた。がっくり
帰りはJR→徒歩で帰宅

 3月7日(39w4d)
朝から便意、しかし踏ん張ってもなかなか出ない。
直腸や肛門あたりに痛みを感じる、これが噂に聞く便秘の痛みか!(便秘初体験)

1日で30回程トイレへ
出ない便と膀胱炎を疑う程の尿意に残尿感、でも出ない、トイレットペーパーがもったいない。
水の様なおりものは日に日に増え、粘液栓も少し水っぽくなり増えてきた
お腹も定期的に張っている、でも痛くない。早く陣痛きてほしい

寝る時がつらい
7分おきの張りと同時に襲ってくるなんとも言えない息苦しさがつらい
枕3つに布団を丸めて重ね上半身を起こし、座った体勢でしか苦しくて寝られない。
前日にこのスタイルを発見するまで、極限に眠くなるのをベッドの上で座って待っていた。
完璧に寝た状態で横向きになると、本当に息ができない程苦しい

それなのに、身体がしんどい私の布団で寝はじめる主人(普段は各々の自室で就寝)
「ここで寝たら身体痛くなる、腰が痛い」と文句を垂れながら私の横で寝はじめる主人

それなら帰ってくれ!と言いたいけど言えない。子どもが産まれたらもう2人で寝るのも難しいとか考えると言えない。

 3月8日(39w5d)
朝トイレで、股から粘液栓がたらーんと垂れる

1日を通して、粘液栓が出続けた。
久しぶりに前駆陣痛っぽいものがあった